真珠の種類

パールははぐくまれる母貝の種類によって、アコヤ真珠、白蝶真珠、黒蝶真珠、淡水真珠、コンクパールなどに分けられます。
世界の海や湖で、ゆっくりと育まれ、一粒一粒に豊かな表情が宿っていきます。

アコヤ真珠

日本近海に生息するアコヤ貝から採れ、微妙な色合いと美しい光沢が魅力の真珠です。
色はピンク系・シルバー系・クリーム系などがあります。
直径5~7ミリのものが中心で、8ミリ以上のものは貴重とされます。

白蝶真珠

オーストラリア、インドネシア、フィリピン近海で養殖される白蝶貝から採れます。
主に直径10ミリを超える大粒の真珠で、真円はもちろん、ドロップ形なども楽しめます。
白のほかに、黄金色に輝くゴールデンパールの華やかな色も人気があります。

黒蝶真珠

黒蝶貝から採れる真珠で、グレー系から黒までさまざまな色があります。 光沢が良く、ピーコックグリーンと呼ばれる緑がかった黒色のものは、希少価値があります。 現在は沖縄近海やタヒチ近海で養殖されています。

淡水真珠

中国の湖、川などで養殖され、主にヒレイケチョウ貝を母貝とします。
丸、オーバル、ドロップ、ボタン、バロック、スティック形のものなどさまざまな形があります。

コンクパール

カリブ海やメキシコ湾一帯に生息するピンク貝という巻貝から採れるピンク色の天然真珠。 表面に見える、炎が燃えるような独特の美しい模様が特徴です。