真珠の美しさは「てり」で決まる

てり(照り)

真珠の良し悪しを判断する最も重要なポイントは「てり」です。
「てり」とは、簡単に言えば真珠の光沢・輝きの事。どれだけ巻きが厚くても、てりが良くないと真珠の評価は下がります。

真珠は幾層にも重なった真珠層から出来ていますが、真珠の色や輝きはこの真珠層から生まれます。
真珠層は何百、何千層もの結晶層が積み重なってできていますが、これらの層から反射してくる光が合流して、ピンクやグリーン、ブルーやイエローの色を生み出します。
てりの良い真珠は、この色が輝きを伴っており、例えばピンクの場合、ただのピンクではなく光り輝いているピンクになります。

右に比較の画像を用意しました。上下比べてどちらが光沢のある真珠に見えるでしょうか。
上の真珠は見かけにまきが厚く、真珠層により光が反射し、ピンク系に光り輝いているのがわかると思います。
下の真珠は形はきれいなラウンドですが、巻きが薄く、中心の核の色がそのまま透けて見えてしまっており、色に輝きが伴っていません。

この二つは非常にわかりやすい比較になりますが、上の真珠はてりがよく、良い真珠と言えます。 この真珠層から反射してくる光のことを「てり」と言い、てりは「色」と「輝き」の2つ重要な側面から成り立っています。
アコヤ貝は黄色の色素を持っており、アコヤ真珠の実体色はその濃淡により、ホワイト系からゴールド系まであります。
一般的に実体色は、黄色が濃くなるほど評価は低くなり、てりの色はグリーン系よりピンク系が評価は高くなります。

一般的に「てりが良い珠は顔が良く映る」といいますが、まさにこの通りです。
実際に真珠を見る機会があれば、自分の顔がより映る真珠がてりの良い真珠と言えます。

オーロラブルー

まだまだあります。本真珠のチェックポイント

てり・色のほかにも真珠を見極める上で重要なポイントがいくつかあります。
その代表的なポイントが「まき」「きず」「形」です。

まき(巻き)

「まき」とは、核の上に巻いている真珠層の厚さのことを指します。
昔から官製はがきの厚さ0.25mm以下を「薄まき」といいますが、この位の厚さでは中の核が透けて見えるため、真珠本来の色や輝きは控えめになります。

上のてりの説明にある比較画像の中で、下にある真珠がうすまきの真珠です。てりのある真珠にくらべ輝きが控えめであることがわかると思います。
また、経年変化の際に、ひびやはがれ等の現象がおこりやすくなります。

「まき」は基本的に養殖期間と相関性があり、養殖期間が長ければ長いほど原則的に厚くなります。
やはり層の厚い方が美しい真珠になることが多いです。 アコヤ貝では、稚貝からの養殖期間を含めると真珠ができあがるまでに約4~5年かかりますが、核入れから養殖期間が約1年のものを「当年もの」、2年以上のものを「越もの」と区別しています。 当然、越しものは養殖期間が長いですから、それに比例して真珠層も厚くなるものが多いです。

きず(傷)

真珠のきずには大きく分けて3種類あります。
1つは「自然にできたもの」、2つ目は「加工きず」、3つ目は「硬いものとの接触」でできたものです。 また、表面のなめらかさの程度を「面」と表し、表面がなめらかな場合「面が良い」といいます。 これに対し、細い溝のようなうねりがあったり、何かで叩いたように波立っていたりするような場合は「面が悪い」といいます。

真珠は生き物が作るものですから、当然自然物としてきずがつくことが多く、無傷はごくごくわずかです。 ですから、指輪やペンダントなど、アイテムやデザインによって傷の目立たないものを選ぶ必要があります。 しかし、自然にできたキズは自然の産物です。この世に2つとない個性的なデザインと評価されることもあります。

かたち(形)

一般に「かたち」の評価は真円度といって、真円にどのくらい近いかで評価されます。
セミラウンドやラウンドなど、真円に近ければ近いほど高値で取引されます。
真珠は、貝の内部で大きくなっていく過程で、有機物などの不純物を含み形が変形することがあります。 このように変形した真珠はバロックと呼ばれ、ラウンド・セミラウンドとは区別されますが、自然の中での偶然の結果生まれたもので、 同じ形が二つとなく、画一的な真珠とは違う趣があります。

一般に「ピンク・パール」などと呼ばれるホワイト・ピンク系やシルバー・ピンク系の珠が人気ですが、てりの良いまきのしっかりした珠であれば色は好みになります。
最近はあまりピンクの色味を感じさせないホワイト系や、暖かみのあるクリーム系の色合いを好む人も増えています。
また、「ナチュラル・ブルー」や「ナチュラル」といわれるブルー・グレーの珠や「ゴールド」など色そのものを楽しむ真珠にも注目が集まっています。 ナチュラルブルーはさまざまな色の服とコーディネートできますし、白い真珠ではフォーマルになりすぎたり、合わせる服によって白の色が浮いてしまうときには、ナチュラルブルーの真珠がしっくりきます。 ゴールド系の真珠には、地金のジュエリーのような華やかさに真珠ならではの上品さが加わった美しさがあります。

連相

複数の真珠を使ったジュエリーでは、1つ1つの真珠の価値に加え、全体としての品質や色、大きさの調和も大切な評価のポイントになります。
これを連相、またはマッチングといいます。

人工真珠と天然・養殖真珠の見分け方

人工真珠(イミテーション)

人工真珠は、人造真珠あるいは模造真珠とも呼ばれます。これらが商品名になると、「貝パール」「セミパール」「マジョリカパール」などの名前がつきます。 精巧なものになると、見た目にもそっくりですから注意が必要です。
人工真珠は「てり」などの光沢を塗料などを使い作り出します。以下は主な人工真珠の鑑別方法です。

見た目でチェック

孔口を見て崩れがある場合、人工の可能性があります。この崩れは人工真珠の製造法から生じる可能性が高いからです。

こすってチェック

真珠同士をこすった場合、わずかですが引っかかりを感じるのに対し、人工はつるつるすべります。
これは、本物は主成分がカルシウムの結晶からできているのに対し、人工はてりや光沢を出す為、合成樹脂などでコーティングを施すからです。

紫外線をあててチェック

紫外線をあてると本物は青白色あるいは黄白色の蛍光を出しますが、人工は何も出ません。これも主成分の違いによります。

天然か養殖か

真珠が養殖であるか天然であるかを調べることは厳密に言うと不可能です。 その真珠に核があるかないかを調べることはできても、核の有無によって天然か養殖かを判断することはできないからです。
ただし、コンクパールなどのように養殖が不可能な場合や、養殖では不可能な形状の真珠の場合、養殖は不可能と推定し天然真珠と決める場合もあります。

真珠の美しさは「てり」で決まる

まだまだあります。
本真珠のチェックポイント